埼玉県川越市は田舎のイメージを持たれがち

埼玉県川越市は田舎のイメージを持たれがちですが、江戸の街並みが現存している。

住みやすく魅力のある街が川越市

   

埼玉県川越市は始めてバイクを購入してツーリングに行ったところであり、そこにいとこが住んでいるということもあり、懐かしい場所でもあります。

田園風景が広がっているところもあれば川越街道沿いにはお店やレストランが立ち並ぶようになっていますし、国道16号線は八王子や千葉の方とも結ばれていてトラックがたくさん走っているエリアでもあります。東京方面から川越市内方に向かっていくと坂が多くなる地形で城下町でもあります。

東京に近いことから都心部への通勤圏ともなっていて人口は増え続けており、大きなマンションが建てられたり、田んぼや畑が埋め立てられて住宅地として造成されるところも多くなっているので、これからもさらに発展していく可能性が高いエリアです。

そんな川越市ですが、観光の名所ともいわれていて、国内だけではなく最近は海外からの観光客も多く訪れるほどの人気になっています。小江戸として歴史的な街並みや蔵つくり、菓子屋横丁、人力車なども風情があって歴史を感じさせる雰囲気が残っています。

確かにこうした建造物やお土産のお店などは京都と似ているところがあり、関東で楽しめる日本の魅力を伝える素敵な観光地であるということができます。川越市の名産といえばさつまいも、そして川越団子、そして和菓子や煎餅などがあり、どれもとてもおいしくて味わいのあるものばかりです。また川越の駅周辺は商店街が盛んであり、クレアモールは特に有名となっています。

平日でも多くの人で賑わい、学生から年配の人まで買い物を楽しんでおり、ストリートミュージシャンがいることさえありますので錆びれた感じはなく活気があります。

川越市は産業も盛んであり、川越に大きな工業団地があり、大手メーカーが様々な部品や食品などの製造をしています。こうした工業団地ができることで川越市の雇用が確保されているという現状がありますし、人口増加に伴ってお店は増えていますし、東京にも電車で簡単に行くことができるということで住みやすく魅力のある街が川越市なのです。

 - 状況